MANA整体とは?

私は学生時代も含めると22年接骨院で臨床経験を積んできています。

 

2005年には一宮市で「キフネ接骨院・キフネアスリートクラブ」を立ち上げました。

 

患者様と接する中で「夜、寝れない…」「病院に長く通院しているが症状が変わらない…」等

保険施術範囲外の症状の多くの声を聴いてきました。

 

 

接骨院・整骨院では保険の制度上「骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷」の外傷しか健康保険が使えないのです。

 

 

そこで患者様が訴える多くの症状に対応する為に2005年から自費治療の勉強を始めました。その中で自院の「完全自費移行」を試行錯誤し多くの成功と失敗を繰り返し自費移行に成功しました。

 

近年は多くの治療家に治療技術や経営の相談を受ける様にもなりました。多くの治療家と接する中で私の「経験」と「治療技術」は私だけが知っていても意味がない事に気づきました。そこで治療家対象のセミナーをする事になりました。

 

私は自費移行段階で家族や患者様や多くの方に迷惑をかけてしまいました。妻に悲しい思いをさせてしまった事もありました。

 

 

これから自費治療を導入される先生方や治療の幅を広げる治療家や治療家の家族にそんな思いをして欲しくない思いと治療家が妙なセミナーに捕まってほしくない思いと(笑)治療家のクライアント様と治療家の家族(もちろん治療家も)に幸せになってもらいたい思いでセミナーを行っています。

 

そこで私のセミナーに来て下さる先生方にフィードバック出来る様に「MANA整体」は生まれました。

 

真剣に治したいと思っているクライアント様とこれからの治療業界を担うすべてのセラピストの為にMANA整体はあります。

 

                    2016年4月